スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地巡礼。そして旅の終わり>後日談

おとつい、つい先日奈良行ってきました。

憧れの聖地「斑鳩町」

ひっそりとそびえたつあの斑鳩神社へもようやくの思いでたどり着けました。

そしてそこでのそんなエピソードをお話しようと思う。

ある日の夕暮れ、私は愛知にて、カラオケ屋でさんざ歌いつくした挙句、知り合いと別れ、旅立った。

そして向かうは奈良県。

いわゆる関西圏突入ということになる。
やってきたのはまず大阪
ここで乗り換えしなければならない。
しかしここは人の交通が多く
電車も大変込み合っている。
人の波に流されないように注意しなくては・・・。

しかし、さすがは大阪。
皆、何かと忙しくひしめき合っており
我先いかんと押し合いへし合い。
これが大阪パワーというやつなんでしょうね~;
おばちゃんも強かった・・

さてさて、そこから奈良県にある法隆寺行きの電車を見つけ
それに乗り継ぎ40分ぐらい。
夜の10時になった頃、、、

ようやく着きました。
奈良県法隆寺駅降りた瞬間見たもの、
斑鳩町の看板!
070728_2226~001.jpg

夜なのに、何故だか心が躍る。
落ち着け自分(笑)

駅から出るとやはり町らしくひっそりとしてて
近くにスーパーがあったので水を買い
この日の宿を決め、翌日に備えたのでありました。

後編へ続く
スポンサーサイト

ごごご…

照りつける灼熱

あらゆるものの体力を吸うぎらぎらの太陽

朝一から6時に起こされたかと思うと、さー飲みにいきまっしょい的なノリでこの寝泊まりしてる現地から離れた場所へ、そして飲んで寝ました。

気が付くこと昼1時
もうおてんとさま真上でしょ!と思いつつその家を後に、、

歩くこと1時間…
やっばいねこれ
まだ歩かないとつかない。
仕方ないから、一休み…

大切な場所

私はお気に入りの場所を見つけた…

そこは見晴らしのいい丘

この公園に面した道路脇の丘は街を上から見下ろせる場所だ

ここには、人もなくあるのはそよ風

ただそれだけだ

そこから私は下を眺める

人々の生活がかいまみえる
そして今は夕方だ

夕陽とセミの鳴き声が聞こえる。

この素晴らしい夏の光景を大切にしまっていこう。

そう思った…

うたたねの寝言

遠い意識が朦朧とする

…ハッ
寝てた。
つい、いつの間にかショッピングモールの一角の席で(^^;)

思い起こしてみる
そだ、確かブックオフ寄ってライトノベル悩みに買って…

それだ!
マリーエリーリリーのアトリエなるタイトルの本がありました。
それにふと目が止まりまして、、「マリー」
えーと、、
ラグで親しまれている名称じゃないか。
気になる気になる!と衝動買いしたわけね
で、読んでて強い睡魔に襲われて眠りへ…
で、今に至ると。

これに察する限りマリーと言う名前に惹かれる傾向があるようです。何かの名残なんでしょうかねぇ

だから私今日のラグナロクの世界では愛用させてもらってるんです、はい(´_ゝ`)

今日はよくねたなぁ… 

我思う故に我あり

ガタンゴトン…

電車の中で揺られながらあることを考えてました。

関東から離れて、ここは静岡市街地
現在南下中

昔私がここに住んでいたときのことを思ってました

ここに来た当時
それは失恋の痛手を追ってここでの仕事にくじけそうになりながらもがむしゃらに頑張った自分がいました。
ええ。それは重かったけど今となっては良い思い出です。そしてこんな出来事があったからこそ今の確固たる自分がいる。
らしく生きようと思ったのもここにきてから。
あの人はもう私の側に存在しない。けど思い出と言う大切なものが生きてる。
それだけでも自信を持って前へ歩ける理由じゃないか。
苦しかったこと楽しかったこと思い出をありがとう静岡。
そしてこの街を越えて、愛知に向かったのである。

実は電車乗り過ごして逆走してて静岡時間切れ寄れなくなったなんていわない!(T-T)

夏の影色

夕方です。
けど周りにはセミが鳴いてなくてショボーン(´・ω・`)ですこんばんは。

埼玉に来て2日と経ちました。いいよねー旅は。
意外な発見や意外な出会いがありました。

昔の上司にあったりとか。最初、顔疑いました。
まっさかねぇーあははって本人やんwこれって展開
驚きで口が開かず呆然と見送ったり、とにかくいろいろありました。
昨日はここでうちわ祭りと言うのがあってこれがまたタイトルは建前。
うちわ関係なしにおおいに屋台で盛り上がってました。なんそれwといっておきたいところですが祭りとは騒いで盛り上がればもういいんじゃないかと、そんな心境かな。
で、私は友達と酒やカラオケで盛り上がりネカフェでフィナーレ。気が付けば朝だと言うこともあります(爆
まあそれはそれで楽しければいいのでしょう。
さて、明日は静岡入りなので茶用意して待っていよう。なぜか手元には爽健美茶( ̄ー+ ̄) 

Re:

朝から電車で出発すること15時間…ゆらゆら

んーなんていうか暇?
というか眠い

今は日本の真ん中越えたあたりに来てて東京入りまであと少しといったところ。

非常に混んでます
それはもうサラリーマンOL学生、そして私。
いろんな人がひしめきあって動いてます
目指すはさいたまっさいたまっ(`・ω・´)私が目指す目的地だ。 

遠出。なんとなく旅

遠くへ。
思い立ったらその時行動。
さて、私は暫く旅に行ってきます。

やっぱ夏といえば旅の季節。
電車の切符を片手にセミの鳴るプラットホームを乗り降りし、
そして新たな街に降り立った・・・

な~んてこんな展開すごくよくないですかね!
ありきたりではあるけど意外にこういう雰囲気
好きなんじゃないかなぁ

とまあ、今日から8月手前まで、楽しんできまっす!

シューティング:斑鳩神動画集その1

え~、突然ですが、

斑鳩動画集集めてみました。
デフォルトのまずチャプター1の様子です。
しかし、GC版だけあってやはりOPのズレがなんとも。
DC版でのテロップ後のそれはきちんとかみあっている。
でもって攻略の様子は基本を抑えられていて早回しボス前エクステンドも決まってて、かなり参考になると思います。


ここからはチャプター2。
最初の小型戦闘機が周りをブーンとするこのシーン。
ここの繋ぎだけはどうしても繋ぎきれません!



チャプター3。開幕までの敵を倒していくタイミングと間隔が超重要。


チャプター4。テロップ後の巨大要塞「ミサゴ」しびれますね~!
この中で繋げていくことがどれだけ大変なことか!(TT)


ファイナルチャプター。もう盛り上がり全快!
これ初めて見たときしびれすぎました。ラスボスの対タゲリ戦は必見。
涙が止まらない~(TT)


如何でしたか?
全体的な感じとしてはこんな流れになってるんですよ。
うまい人のプレイ見てると分かるんですがここまでくればもはや芸術ですよね!
また他にも斑鳩には神プレイ動画がぎっしりあるので
機会があれば後ほど公開していきたいと思います
またよろしゅう~m(_ _)m

クローズコンファインを使いこなせ!

私はローグを使うにあたって
あるスキルをなんとか使えないものかと模索していた。

それは、「クローズコンファイン」通称クロコンと呼ばれるものだ。

このクロコンは敵を15秒間捕縛、自らが縦となり相手を捕らえるスキル
使うと自分も相手も動けなくなるスキルなのだ
そして自分には回避率が10上がるという特典がある。
しかし、しかしだ

仮にこれを使うとすればSPを25消費するので
そこまでしてこれを使っていくのはどうかと思うスキル
このままではあまりメリットはないのではないか?
そう考えた私はふとあるうわさを小耳にした

それは「マスコン」

通常接近状態で使用してしまうのがクロコンならそれを相手に対してマスを一マス開けて使用することによってこちらは敵の攻撃を受けず、相手を攻撃できるという業らしい。

しかしこれは極めて、難しく仮にノンアクティブならそのまま一マス開けて使用すればこちらは攻撃し放題には確かになる。
問題はアクティブ。
一マス開けて使おうにも発動射程と発動タイミングの関係でどうしても接近してしまう。
そこでなんとかならないものかと更に調べてみた。
1つの方法は状態異常にしておいて決める方法。
なるほど。これなら確かに暗闇やスタン状態でならノンアクティブと同じようにマスコンは決められそう。けど、これではわざわざ下準備をせざるをえなくなり、狩りのテンポがよろしくない。

これもダメかと思った矢先、
こんなものを見た。

アクティブMobをマスコンするの図。
--------------------------------------
右から敵が移動してきた場合。

/||
       敵)) ←
--------------------------------------
密着と同時に右上に移動して即座にキャッチ

 /|| <クローズコンファイン!
/↓
  敵 <アラ? 攻撃モーション中で動けませんわ
--------------------------------------
うはおkkk

  /|| +- 
  †彡 ザクザク
 敵 <アッー 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
注意として、たまーに敵の座標がずれてて殴れない時がある。

  /|| <なんか半キャラずれてて殴れません!  
 
   敵 

こんな感じで微妙にずれてて殴れない場合があるが、
即座にハイドで解除しても敵は何故かボーっとしてるので、もう一歩右にいってマスコンすれば殴れる。

2chの専用掲示板にあったんだ。
ためしにと思ってアクティブmob相手にやってみた。
するとどうだろう。タイミングさえ合えば成功した。
要は敵が攻撃するタイミングを掴んで一マス空け捕まえれば出来るということ。
これならなんとか使っていけそうではないか?

うまくいけばマリシャス武器のHP吸収用にも使えるし
擬似アンクルの出来上がりだ。
ということでこれを是非活用してみてはどうだろうか?

今年の夏はDCの「水夏」はじめました。

すっかり夏ですね。
セミもせわしく泣き始めた頃。
しかし、しとしと雨の降る梅雨はまだまだ続きそうです。

その為、外に出歩くことはほとんどなく憂鬱な毎日を過ごしております。こんにちは

さて、今日はふっと思い出したようにとあるゲームを始めてみました。それは「水夏」

なんとなく毎年夏をテーマにしたようなゲームをやるのが定番でして、
AIRと出会って以来毎年かかさず季節的に夏ゲーものプレイしております。

で、今回はこいつを紹介しよう。
1章だけ進めてみた感想は
なんてゆーか、夏の舞台だけに
効果音がGOOD
セミの鳴き声
しとしとと降る夏の雨音
夜の虫のセセラギ
そして、淡い、ほんわかとしたかんじの絵が特徴でした。
テーマソングも某歌フラッシュサイトでも有名な曲でありまして、
結構良作だと思います。

特徴的だったのは
話が4部構成になっててそれぞれの主人公が独立してて
各話によってそれぞれが体験している視点が違うこと。
だから後にあ、この場面はあの主人公はここでこうなってたんだと納得することが出来たりしてそういった意味でも楽しめます。
住む舞台は同じなので、また違った視点で楽しめるということですね~

あともうひとつの特徴は
話の流れが説明書にも付属されてたんだけど、
途中の章まで、ノベル形式になっててわりと雰囲気が出ていいなと。
この手のノベルというと大体下のほうにメッセージが流れるんだけど
ノベル形式だと背景が薄影っぽくなってその上にメッセージが流れる。
雰囲気出してますよねぇ^^;

私がやってるのはDC版なもんで、一応PC、PS2と出てるとのことなので
興味のある方はやってみてはいかが?

ティチは灰色の人だった。

今日まで、ティチエル頑張ってた。
おかげでlvも22まで到達することができた。
この2週間前まで、右も左も分からない初心者だったはずが
チュートリアルから始まり、
よく分からないながらも攻略サイト見つつ、
なんとかTWの仕組みにも慣れてきた頃。

そして今では相場を把握し、露店開いて、物を売ったり
巷で流行っているスキルリセットバランス調整とかやってみたり、
チャプター1突破して、チャプター2突入し、初心者脱出装備付け替えてみたり、これはもう、いっぱしのTWプレイヤーだね!

しかし、その道中に残念なことがひとつ。
チャプター1最後のイベントにゼリーキングなるモンスターを倒すことになるのですが、その頃lv13、そしてlv12の相棒を引き連れて討伐に出向いたところ、
なんの手違いか分からないのですがその時一応PTにいた高lvプレイヤーの人を呼び寄せてしまってそのままその人とクリアしたこと。

肝心の相棒はなぜだかそのままボスフィールドに移る為に
マップ移動した後、消えて次に見たものは町だったという・・

で、私は私でその高lvプレイヤーの足を引っ張るだけのキャラでした^^;
っていうかこれティチでソロはかなり厳しい!
まあなんやかんやでもう一人の高lvプレイヤーさんはナヤトレイという完全アサスィンっぽいキャラだったのでかなり強くってさっくりと倒してしまい、私はHP300で一度死んで復活後、隅でちょこんと大人しくし、(ダメージ500とか痛いし!)
釈然としないままチャプター1を終えた・・。

・・・とまあしいて言うなら残念なところはこんなところ。
でもそれ以外はlvあがってきたおかげで装備も充実し
スキルもだいぶ覚えて楽しくなってきた。
そして肝心のティチはスキル取りを考えた結果
灰(いわゆる回復と攻撃魔法を備えた)ティチという万能キャラにすることにした。
これの欠点は黒ティチにあるメテオ等の大魔法が取れなくなることだ。
しかし、それらを覗いてもトータルで行くと回復魔法も使える灰の方がよさげだったから
ね。仕方ない・・

今度はlv30を目指していきたい・・・

今更暴露「実は私、ギルマスでした!」

私、実は某鯖のROではマスターしてます。

で、今日は久しぶりにギルド狩りと称して
行ってまいりましたよ生体ダンジョン2F。

PT構成は90台組と70台組で
90台は騎士、アサ、ハンタ、ローグ(私)

70台はプリ、指弾モンク、セージ

なんというかまあこれはまあ前衛だけで火力がすごいなぁとか思いつつ
行ってみると実は意外に何度か死ねました。
やはり単体で出てくれば瞬殺なんだけど沸くとたまったもんじゃありません。

ソウルストライク!サンダーストーム!ライトニングボルト!
敵がわんさかスキル撃ってくるこの修羅場

じわじわと人数削られて最後まで残るわここは体力のある騎士次第といったところ。よく耐えてくれましたb

で、肝心なマスタはというと、せこせこと一体ずつ相対しつつ、地道に一体ずつ撃破していくというセコイ戦いを繰り広げている!
さすがは悪女(ローグ)といったところ。
で、メインは騎士が先導して後ろハンタアサローグで攻撃
更に後ろからセージがすかさずSWorSS、モンクが気弾飛ばし!
それらをカバーするプリ!←実はこの人が一番頑張ってます^^;

もーどんだけってコンビネーションでしょうか。
いつもはおだやかにマッタリってかマイペースではあるギルドなんですが
ここぞという時は数の暴力だろうがなんだろうが容赦ありません。
戦闘というのはいつだって真剣なんですよと。
敵現れ、ターゲットするその間、1,2秒の判断がすべてを物語ってます。

そして戦場も中盤に差し掛かったころ、一度二度MVPボスに遭遇し
全滅したりなぜだかアサシンクロスDOP出会ったり!←これが一番恐怖だった)

というか、通常、この階にはそんな敵いません!
なのに、なんでここにいるのか?(結局分からずじまい
そして、この高回避率。もはや本当の暗殺者でした。
ハンターの誇る弓ですら当たらず、これはもうアサのクリティカルに頼るしかなく、なんとまあぎりぎりの死線。

終盤に差し掛かっていろいろあってメンバーも減ってきたので
そろそろ頃合かなと解散。

結果的に楽しかったです。
BOT多いROだけど、相応のダンジョンで相応のPTプレイすれば
本来のMMOらしい遊び方が出来るんだなと実感。
次はタナトスアビスダンジョン(時期未定)編ということで
いつかは行けたらなって思う。

もう一つの物語。それは「劇場版AIR」

夏ですね。もう7月の季節となりました!
夏といえばやはり今年もAIR。
忘れるわけがない・・そう、これを見なくてはと思いながら
見てしまいました。夜な夜な・・・==;

別に毎年、決まってというわけではないのですが
恒例のように見てるんですよね手に入れて以来。

今回紹介するのは、劇場版「AIR」

通常AIRにはシリーズもので京都アニメーション作によるAIR

そして、劇場版としてのAIRが存在する。
もちろんこちらは京都アニメーションとは別で作られてます。
なので、内容も似て異なります。
まず、登場人物の性格像が違う。

何が違うかっていうと、まぁこの辺はオリジナル(元)から全体的な流れはそのまま組みつつ、人物像や背景が部分的に違ってたりする。

それはもう、観鈴がかなり少女らしくなっていて、
観鈴もやっぱ乙女なんだな~って^^;ほほえましく思ったり。

その全体的な内容としては旅の青年と観鈴の出会いを通じての
ストーリー構成となってます。
原作お馴染みの過去の話をリンクさせて進んでいく、と。

私は当時これを、当時初回限定版7980円で買いました!
それはもう、AIR大好き人間な私ですから
躊躇するはずもなく迷わず購入!

私として、思ったところは
見れば見た分だけその作品の良さが分かってくる。
それに尽きると思いました。
そして、季節的な雰囲気や音楽が見事に使い分けられて
いかにも「夏」らしさを出せてたと思います。

AIRをやったことない。又はAIRに興味だけあったとかいう人でも
90分の内容にうまくまとめられてて、一度では理解は出来なくても2度3度と見ると段々と見えてくるのではないか?という内容だと思う。

知っていたという人に対してもTVやゲームとはまた違ったAIRを楽しめて、良いのではないかと。

今では値崩れしたせいか中古で2000円弱の値段で置いてあるので
興味ある方はのぞいてみてはどうだろうか?


カテゴリー
最近の記事
プロフィール

森羅(しんら)

Author:森羅(しんら)
好きな言葉:信念、ポジティブ
性格:マイペース
血液型:O型(B型思考に憧れ)
他SNSプロフ参照


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。