スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルクロス☆気まぐれぶらり旅

~会議室にて~
では、始めようか。
オペレーションメテオ・・・スタートだ。
ちょ、待ってくれw
なんだ?質問なら却下するが?お前達はもうすでに完全包囲されてるのだからな。ふわっはっはっはww
待てw何処の話だそれはww
仕方ないな。聞いてやろう。
いや、とりあえず何をする気だ?
俺達は機関に狙われている。だから俺達でTRPGを作り上げ、それを世界に知らしめ
公表し、勝利を勝ち取る(以下うんたらかんたら
あ~、まあようするに、TRPGをやろうって事だな。
ひらたくいうとそうなる。で、お前達がやりたいことはなんだ。
ん?なんだやぶからぼうに・・・まあ、そうだな。今の所、旅がしたい・・かな。
ふむ。そうか。じゃあ旅をするぞーTRPGで。とにかくやるったらやる。これは決定事項だ。
はいはい。分かりましたよ。じゃもひとりプレイヤー連れてくるけどいいか?
うむ。ラボメンならいくらでも受け付ける。
う;例の不思議な集まりのことか。え、遠慮しとくわw
普通の人だから、とりあえず呼んでくる。
・・・数分後。
待たせたな。
こんにちは~。今日もふわふわ空が気持ちイイネ~
うむ。君か。この奇跡のマッドサイエンティスト鳳凰院鏡魔の目に狂いはなかったようだな。ふわっはっはwwww
わけのわからんことをw
まあつーわけで今日はしっかりGMをしてくれよな。
ふむ。任せろ。
いや、正直スッゲー不安なんだが・・・;
よろしくお願いしま~す
使うシステムを軽く言っておこう。
ダブルクロス+クランプ学園TRPGを混ぜたちょっと特殊なルールを採用する事にする。
なんだそれ?まあよく分からんけど面白そうだな。
簡単に言うと、進行のルールは基本ダブルクロスを採用し、
イベント関連にクランプ学園のデスティニドローを使うという事だ。
了解よ。


GM:では、始めるぞ。ちなみにお前達の名前はなんだ?
和真:俺は観空和真(みぞらかずま)高校生の16歳。
で、オルクス/モルフェウス取得予定何も知らない一般人
茜:私は神名茜(かむなあかね)中学生の15歳
とりあえずエンジェルハイロゥ/モルフェウスにしたよ。私も力には目覚めてない一般人だね。
GM:ふむ。双方力に目覚めてないわけか。面白い。これは実に面白いぞ
ではオープニングから行こうか。


オープニング01
GM:k市。二人は同じ高校に通う英知学園の生徒だ。
そして君たちに問おう。君ら知り合い?
和真:ん~、俺達は一応恋人同士でいいんじゃない?
茜:うん。私はそれでいいと思う。
GM:よしそれならば学年が違うようだから別々のシーンから始めよう。
和真は教室で何してるのだ?
和真:今時間は何時よ?
GM:そうだな。朝のHR前としようか。
そして夏休み前の期末テストが終わった時期
もう明日からは夏休みといった所だとしよう。
和真:おk。んじゃ俺はとりあえず明日から休みということだから
ウキウキしながら休みは何しようかなとニヤニヤしながらプラン立てている事にしよう。
GM:ふむ。ならば和真が一人そうやっていると前の席の池田君が声をかけてくるぞ。
「どうした。一人ニヤニヤして。気味悪いぞ。
和真:「これが喜べずしていられるかってのww明日から休みだぜ?
やっべー夢広がるって俺ww」とか言いながらはしゃぎ立てるわ
GM:「そうか・・・お前もとうとう夏が始まったんだな。
羨ましいぞ~(TT)噂に聞けばお前彼女が出来たらしいじゃないか。
いいなあ~うらやましすぎるぞ。確か中等部の茜って子だろ?
和真:な、何でその事を!と言いながらギョギョ~っと反応するぜww
GM:ちっちっち。情報通の池田君をなめてもらっちゃあ困るぜ。
お前の事は大概お見通しだぞwこの前なんかこそこそと帯矢商店街でデートしてたろ。
和真:くっ。お前つけてたのか?
GM:いや、暇だから尾行しただけ
和真:だるっwwだるすぎるwww
GM:まあそんな事を話してるとHRが始まるぞ
先生が、あ~席に着けとかいってるようだな。
和真:先生が着たぞ。シッシッと手を払うそぶりをやるぜw
GM:チッ仕方ねえな。今回は許してやると言いながら前を向き、
先生が教壇に立つと明日から夏休みだ。休み中はうんたらかんたらと
注意事項を述べてHRは終了する。では、茜のOPに行こうか。


オープニング02
茜:は~い。待ってました~
GM:日は和真と同じで時間は放課後。帰りのHRの後だ。
まばらになって生徒が教室から出始めている。
茜は何してる?
茜:開放されたー!><ノシこんな風にばんざいしてみるw
GM:そうしてると掃除当番がやってきて
あ、神名さん。すごく嬉しそうだね。いいなぁ・・最後の最後で私掃除当番だよ~とかいっている。
茜:ふふふふふwwとすごく嬉しそうにしながら、でもささっと終わらせちゃえば後はゴールだけだよ?
なんていってみるwあとほら、よく言うじゃない?苦労の後の楽しみは最高のディナーショーだよってw
(和真):ちょwwわけわからんてwwここにいないけどあまりにも枠外で吹いたわww
GM:ふむ。面白いな。続けよう。
そっかぁ。そうね。考えてみればそう考えたら気が楽ね。さんきゅー茜。所で、これからどうするの?
もしかして例の彼と・・?ニヤニヤ
茜:うん。分かる~?と嬉しそうに返すw
GM:あぁ~もう。いいわ。私もちゃっちゃとすまして帰ろっていいながら
じゃあまたねと作業に戻っていく。
茜:じゃあ私は和真を探しに行くよ。
GM:ではそこで知覚で判定をしてもらおう。難易度は6
茜:ころころ・・・11
GM:成功だ。1Fの教室から向かいの教室の窓の向こうに和真の歩いてる姿を確認した。
そこで和真にも登場してもらおうか。
和真:待ってました。んじゃ俺は廊下を歩きながら茜終わったかなとか思いながら
ぼんやり歩くかんじで。
茜:じゃあそれを見た私は嬉しくなり、走ってその階へ向かうよ
GM:じゃあそこでトランプを引いてもらおう。
茜:ハートの7
GM:ふむ。何事もなく、和真のもとにたどり着いた。
茜:和真~。こっちこっちと呼んでみる
和真:お、ちなみにGM、俺ら階段の所で遭遇した事にしていい?
GM:ふむ。良いぞ。
和真:じゃあ俺は階段下にいる茜を見つけるととぅ~っと言いながら階段の一番上から跳躍し
・・・茜は下から何段目あたりにいることにする?
茜:ん~、じゃあ3段目ぐらい。
和真:跳躍し、茜の隣に飛び移ってみる。
茜:わ、危ないよ~っと驚くよw
GM:ふむ。ならば回避の難易度9で試してみようか。
和真:ころころ・・・5
GM:茜も回避で判定。難易度6で。
茜:ほらだからいらない事しない方がよかったのに~;
ころころ・・・8
GM:空中で体制を崩す和真を見て自分に当たりそうと感じた茜。
さあどうしよう?
茜:えーと、即座に後ろへ下がる
GM:良かったなw茜のダイスの目がよかったから和真はふらつきながらも事なき事をえて
茜のいた場所によろよろと着地する事が出来たぞ。
和真:よ、よう。月が今日も綺麗だな・・・

意味が分かりません。

茜:月が・・じゃないよ~。私に当たる所だったよ。とぶうぶう言う。
和真:まあまあw茜の反応速度並じゃなかったぞ。すごいじゃないか。その運動神経に・・・惚れた。
茜:はいはい。といつもの冗談なので軽くいなすw
和真:しゃーないな。じゃあいこうか。と促して学校を出るよ。
GM:ではそこでシーンを切ろうか。


ミドル01
次はミドルフェイズ01。シーンは和真。自宅から。時間はその日の夜
和真:GM,俺は茜に旅をしたいってのを告げてるのかな?
GM:まだ漠然と考えてるだけで伝えてはいないね。
和真:んじゃ、旅ガイドみたいなのを家の中で引っ張ってきてペラペラめくりだす。
GM:すると、そのガイドには秘境k市の奥地で未知なる冒険をしてみませんか?とつらつら
夏の旅行向けの広告がたくさん載っている。
和真:それを見て、おっこれ面白そうだな。とチェックをつけ
茜に電話するぜ。
GM:茜にコールがなる。
茜:出ます。はい、神名です。
和真:俺俺、ワリオだよ。メイドインワリオ。
茜:ニコッと苦笑しながらちょっと悪戯。ガチャッと切ってみるw
和真:速攻リダイヤルwwwwちょww冗談だよ切らないでくれもしかして怒った?
茜:ううんwちょっと反撃で悪戯してみたくなったw
和真:う・・wさすが俺の恋人。手馴れてるぜ!と感心するw
茜:それでどうしたの?と本題を聞いてみる。
和真:あ、んとな。ふっと旅ガイド見てたんだけどさ。
今回の夏休み、ちょっとk市の遠くへいかね?と誘ってみる。
茜:急だね。何か面白い事書いてあったの?
和真:そうだな。魔境・・てか秘境について書かれてあったんだ。
やばくね?この厨2心を刺激するようなこの秘境の冒険って・・・まさに俺らにぴったりだろ。
茜:うん。ちょっとくすぐられる。冒険かぁ・・・いいなぁ。うん。いい。いこっと乗り気に。
和真:よし。そんじゃ決まりだ。
資金は・・・GM今俺らいくらぐらい持ってるんだ?
GM:二人それぞれ1万ぐらいだろうな。
和真:2万か・・・ホテル泊まりはちょい厳しいな。
野宿の自転車ツアーとなるけど、い、いいかな?と再度確認を。
茜:じゃあお母さんに確認してからにするよ。ちょっと待っててね。
GM:ではそこで交渉判定をしてもらおうか。くっくっく
和真:GMの表情がこええwww
茜:ころころ・・・5
GM:茜が母に確認をとってみるが・・・、駄目です。
そんな危険な事、母さんは許しませんよ。と却下される
茜:うぅ;どうしても?和真と一緒なのに?
GM:そう。駄目。
茜:電話に戻り、和真に伝える。駄目だったよ~;お母さん手強い~
和真:じゃあ電話変わってもらって。俺が交渉する。
GM:では判定を。
和真:ころころ・・・7
GM:成功だ。母は和真の真摯な説得に応じた。
和真:じゃあ俺は言うぜ。おば・・いやお姉様。俺の頼みを聞いてください。
GM:え、あ、お姉様・・あら、やだ。お姉様だなんて。と、かなり嬉しそう。
で、でもね。聞いたけど娘と旅にだなんて、危なくないのかしら?と。
和真:(ニャリ)えっとですね。お姉様の娘を冒険させて強く賢い娘にしたくないですか?
これはチャンスなんです!一世一代の・・・その、俺が出来る限りで大事な”今”という名の
青春の時にしか出来ないかけがえのない宝物に出来ると思うんです。
GM:え、そう言われてみると確かにそうかもしれないわね。
娘がやりたいって言ってる事に反対するのも親としては厳しすぎるかな・・と考えてみる。
和真:(あともうひとおしww)で、ですね。その心配も分かります。
けどここは日本ですよ。大丈夫です。いざとなったら俺もいる事ですし。
御姉様の娘。命に代えても守って見せます(キリッ)とwww
GM:分かったわ。そこまで言うのなら。楽しんできなさい
和真君は言葉がうまいわね。お姉さん負けたわと言ってくれるぞ
というかこのお母さんもノリがいいではないかww
和真:ありがとうございます。お姉様の分までしっかりと責務を果たしてきます故・・・
と言い、茜に替わってもらいます。
茜:許可されたのを聞いて嬉しそうにねえ、どんな魔法を使ったの?
私の説得で全く動じなかったのに~・・・;;お母さんほんと手強かったんだよ?
和真:ふっ。俺に不可能はないからな。まあとりあえず明日から旅の為の支度をしようぜと本題に入る。
茜:うん。じゃああれがいい~これもいるんじゃない?みたいな事いってる。
GM:二人がそんな話をしていると、夜も更けていって
翌日となる。で、シーンは終了しようか。

続く...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

森羅(しんら)

Author:森羅(しんら)
好きな言葉:信念、ポジティブ
性格:マイペース
血液型:O型(B型思考に憧れ)
他SNSプロフ参照


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。